赤ちゃんが泣き止まないためバスを降りようとしたお母さん

すると運転手さんが・・・

東京にいた、今から16年程前の12月も半ば過ぎたころの話です。

私は体調を壊し、週二回病院に通院していました。

その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日でした。

昼近くになって、病院の診察を終え、バス停からいつものようにバスに乗りました。

バスは座る席はなく、私は前方の乗降口の反対側に立っていました。

社内は暖房が効いていて外の寒さを忘れるほどでした。

まもなくバスは医科大学前に着き、そこでは多分病院からの帰りでしょう

どっと多くの人が乗り、あっという間に満員になってしまいました。

立ち並ぶ人の熱気と暖房とで、先ほどの心地よさは一度になくなってしまいました。

バスが静かに走り出したとき、後方から赤ちゃんの火のついたような泣き声が聞こえました。


私には見えませんでしたが、ギュウギュウ詰めのバスと、人の熱気と暖房とで

小さな赤ちゃんにとっては苦しく、泣く以外方法がなかったのだと思えました。

泣き叫ぶ赤ちゃんを乗せてバスは走っていました。

バスが次のバス停に着いた時、何人かが降り始めました。

最後の人が降りる時、後方から「待ってください 降ります」と若い女の人の声が聞こえました。

その人は、立っている人の間をかきわけるように前の方に進んできます。

その時、私は、子どもの泣き声がだんだん近づいて来ることで

泣いた赤ちゃんを抱いているお母さんだなとわかりました。

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です