テスは自分の貯金箱を

開けて中に入っていた

小銭の数を何度も確かめます。

 

そして再び小銭を

貯金箱の中へと戻し、

それを抱えてこっそりと

誰にも知られないように

家を出ました。

 

テスは家からそう遠くない

薬局へたどり着き、

店の中の列に並び

順番を待ちます。

 

しかし

一向に終わる気配のない

薬剤師と前の客との長話。

 

足踏みをしたり、

咳払いをしてみても

気づく様子がなかったので、

テスはついにしびれをきらして

貯金箱に入った小銭を

薬局のカウンターへと

ぶちまけました。

 

これにはさすがに

気付いた薬剤師。

やっとテスの方を向いて、

喋りかけました。

 

「久しぶりに会った弟と

 話していたんだ、

 気付かなくてごめんよ。

 何が欲しいの?」

 

「私にも弟がいる!」

 

テスは興奮気味に

そう言いました。

 

「でも病気で…

 だから弟のために

 奇跡を買いにきたの」

 

薬剤師の男性は

テスの言った意味が

よく分からないという様な

表情を浮かべていたので、

更に続けました。

 

「私の弟アンドリューっていうの。

 頭の中にできものがあって、

 それがだんだん大きくなっているの。

 パパがアンドリューを助ける

 お金がないって言ってたから、

 キセキがいくらで

 買えるのか知りたくて…」

 

「おじょうちゃん、

 力になってあげられなくて

 残念だけど奇跡は

 売ってないんだ。

 ごめんな。」

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です