新人『あたしもちやほらされたい!』私(うわ) → ある日、新人『今日目覚ましセットし忘れてー』周り「へー(棒)」 → すると…

ちやほやされたい新人女の末路

 

何だかよくわからない

うちに目をつけられて、

何だかよくわからないうちに

巻き込まれて怪我をした話。

箸休め程度に読んでください。

私より一年あとに

入社した後輩(年上)。

取引先の上司の親戚で、

同系統の職種経験者。

おまけに才女という

触れ込みで、

人手不足解消の切り札と、

鳴り物入りで入社してきた。

私が居なければ

私のポジションに

収まっただろうなっていう人。

ただし根っこが真逆なので、

私のポジションに

入ってもうまく

いかなかったと思う。

彼女→輪の中心に

入りたくて仕方がない、

皆から慕われて

とにかく注目されたい

敬われたいちやほやされたい、

でも現実はぼっち。

 

次ページに続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です