2005年スペインで娘に暴行した男に対し、

ガソリンをかけて火をつける方法で

復讐するという事件が起こりました。

 

1998年アントニオ・コスメ・ベラスコ・ソリアーノ(当時62歳)は、

13歳の少女を刃物で脅して強姦し、

警察に逮捕され、懲役13年の判決を受けた後、

控訴して、最終的な刑期は9年になりました。

 

そして、7年後の服役中の2005年、

ソリアーノは3日間だけの

外出許可を得て故郷へと戻りました。

 

バーへ向かう途中で、

なんとレイプした娘の母親に

出あってしまったのです。

 

「娘は元気か?」と言い放ち、

ソリアーノは大声で母親を挑発したのでした。

 

母親はソリアーノの後を追ってバーに現れ、

持参した大量のガソリンをソリアーノにかけ、

周りの客が止める間もなく、

母親は火を投げ入れました。

 

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です