典型的な二代目バカ社長の会社での話

 

 

「会社 オフィス フリー」の画像検索結果

 

バカ社長にとっての修羅場みたいなもの

 

二代目バカ社長

(今後バカ2と書きます)は、

大学卒業後デキ婚で家を追い出され

職を転々としていた。

 

先代に末期がんが見つかった際に呼び戻され、

実務経験を殆どすっ飛ばして社長になった。

 

当然仕事なんて全然出来ないが、

就任するなり

「ここは私の会社なので

私の好きなようにします。」

宣言をするDQNだった。

 

「ダメ社長」の画像検索結果

 

最初は言葉だけで一切仕事が

出来ないので実害は無かった。

 

ただ、全然職歴が無いという

コンプレックスが有ったのか、

稲盛塾に通って役に立たない

知識を得ては、それを

実践するようになった。

 

勿論塾で学んだ知識は、

経営的に役に立つものだと思うが、

バカ2には理解出来ず自分に

都合の良い超解釈を

作り上げて社内に投げかけてきた。

 

当時のバカ2の基地外語録だけで

結構な量がある。

 

覚えているのはこんな感じ

 

「会社に頭脳は少ない方がいい。

だから俺(バカ2)以外は一切判断

する必要が無い」 

 

「トラブル対応は全部俺が決めるので

勝手に判断したら即時解雇だ」 

 

「二年以上いる社員は

給料が高いので新卒を

雇って一年で辞めさせるのが

一番人件費安い」 

 

「俺より頭が良い社員は全員早めに

首を切った方が、良い会社になる 

年内には全員切る」 

 

こんなことを堂々と

朝礼などでいうやつだった。

 

勿論労働基準法などの

法律違反なんだが、

こいつはこういった

法律を知らずオーナー企業は

好き放題していいと勘違いしていた。

 

特に酷かったのが、

一度でもバカ2に口答えした女性事務員は、

数時間社長室に呼ばれ叱責を受けた後、

ほぼ確実に解雇された事だ。

 

また、後日判明するが一人だけいた

SEをスパイに仕立てて、雑談中でも

自分に対する悪口が無いか常に

チェックする小心者でもあった。

 

当時、とあるセクションに

若くして優秀な男がいた。

 

関連画像

 

Tといい、中肉中背で目立たないが、

仕事に関しては全幅の信頼が

おけるやつだった。

 

ある日、出荷関係のトラブルが発生した。

 

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です