俺の元カノからある日突然電話が来たら想像以上の状態だったって話。

 

 

 

俺と元彼女は、

地元の高校での同級生だった。

 

 

俺の地元はけっこうな田舎で、

みんな必ず東京の大学に

行くんだって口々に言っていた。

 

そんなことを言いながら、

たいていの奴は地元から離れず、

電車で行ける地方大学行くんだけどね。

 

でも、多少頭も良くて、

父親が公務員していたので

金銭的にも恵まれていた俺は

東京へ出ることにした。

 

残念なことに元彼女は地元に残るので

遠距離恋愛となったんだけど、

ありがちなことに次第に疎遠になってしまった。

 

結局、3年で遠距離恋愛はおわり。

 

正月に帰省した時

「友達にもどろう」

って言い合って

恋人関係は円満解消。

 

それからさらに6年経って、

俺は大学を出ても地元に戻らなかった。

 

社会人として東京で働いていたが、

彼女もできず、

ヒイヒイ言いながら仕事をして……。

 

夜遅くに狭くてさびしい

マンションの部屋に戻る、

そんな毎日を過ごしていた。

 

そんな金曜日の夜に、

 

 

今週も頑張った自分にビールと

スルメで個人慰労会していた時。

 

スマホに着信があったんだ。

誰かと思ったら、

画面には元彼女の名前。

 

そういや消さずに残ってたな~なんて

思ったし、結婚でもするのかと思ったので

俺は迷うことなく電話を受けると、

間違いなくあの懐かしい元彼女の声がした。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です