マクドナルドで32年間働いたダウン症の女性

1984年から32年間もマクドナルドで

フライドポテトの調理を担当していた、

フレイア・デイヴィットさん

という女性がいました。

 

彼女は現在52歳で

ダウン症の女性だったのです。

フレイアさんがマクドナルドで

働き始めた頃は、彼女がうまく仕事を

こなせるのかと母親は

心配をしていました。

 

しかし、フレイアさんは

この仕事が大好きになります。

 

そして、母親の心配とは裏腹に

フレイアさんの仕事への姿勢は

多くのお客さんから

評価されていました。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です