学生時代は漫画アニメ部に所属し、

 

 

特に友人も居ず、

クラスの男子からは無味無臭の

気体くらいに思われていたと思う。

卒業文集の、

みんなのあだ名欄にも、

あだ名欄にも関わらず

『〇〇さん』

書いてある程度の女子でした。

一ヶ月後の同窓会の案内が来て、

行くつもりは毛頭無かったけど、

親が

『家から出ないとお小遣いやらない』

と言うので行く事にした。

 

祖母に、同窓会に行く事にしたと

伝えたら、目頭を押さえて喜んで

「これで準備しなさい」

と50万円くれた。

 

それを見ていた母が

「それは全部準備に利用しなさい、

レシートは必ず提出しなさい。

漫画なんか買ったら毎日麦飯にする」

と脅すので、麦飯は嫌だから

準備に使う事にした。

 

服屋に行って派手なお姉さんに

「同窓会に行く感じ・無理してない感じ」

と伝えて、

上から下まで揃えてもらった。

 

家で着たら、露出が多くて

腕毛と足毛と脇毛と背中毛が

フサフサなので、

エステに行ったら、あれもこれもと

プランを組まれて、

眉毛ごっそりとヒゲと、

なんかケツの毛まで抜かれた。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です