大学生の時、

なんか地味でダサくて

センスの無い男が同学年にいた。

髪はボサっとしていて

眼鏡をかけており、服装も変。

そしてやたら背が高くて色黒だった。

顔立ちはくっきり二重で、

よく見れば悪くない。

身だしなみをしっかりすれば

普通にモテるんじゃないかと思われる人。

「一人にしてくれ」

というオーラを四方八方に

振りまいてたから友人はいない。

派手目な女子達は

「あの男は恋愛対象外w

死んでもナイw」

と嘲笑っていた。

そんな男なのに、

私は彼が気になって仕方がなかった。

恋愛感情なのかは

わからなかったけど、

今日も変な服装だな、

髪の毛が昨日より

飛び散ってるといちいち観察。

馬鹿にしているとかでは

無いんだが、説明しづらい

感情を彼に抱いていた。

彼に好意を抱いてると

はっきり自覚したのは

2年生のときだった。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です