性行為に秘めらた驚きの効果

結婚して長くなるとパートナーとの

セックスが減るのは珍しくありません。

愛情表現や快楽だったりと目的はさまざまですが、

男女関係には切り離せない行為のひとつでもあります。

しかし、セックスが減ることや禁欲することで

体に異変が生じるということが注目されています。

セックスレスで体に異変が・・・

①病気になりやすくなる

平均週1~2回の行為をしている人は

1回未満か全くしない人よりも

免疫グロブリンが高いレベルに

あることが判明しています。

免疫グロブリンは免疫力を高める

効果を持つ抗体タンパク質で

このレベルが低いと免疫力が落ちて

風邪やインフルエンザ、その他の感染症に

かかりやすくなってしまいます。

長い間してない場合、

ハーブティーなどで

免疫力アップをするとよいです。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です