彼女と夜行バスに乗った。消灯直後

彼女が….

「ね~もう無理。痛いよ・・・」

彼女の方を見ると・・・

彼女と夜行バスに乗っていた時の事。

俺たちは最後の停留所で

乗ったので直ぐに消灯になった。

すると電気が消えてすぐに彼女が

「ね~痛いよ、痛いよ・・・」

と涙をこらえる声がした。

彼女の方を見みると・・・

「どうしたの?」

と聞くと、

前の人の席が膝に当たって痛いよ・・・

と。

確かに物凄く座席が

倒れてるなと思って

一言声をかけようとしたら、

俺の方も座席を倒されて膝に痛みが走った。

 

次ページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です